タイヤのサイズ一覧

・ サマータイヤ・サイズ一覧

・ スタッドレスタイヤ・サイズ一覧

・ タイヤのサイズで探す

ご注文の前サイズを必ず確認

タイヤには、サイズや偏平率、速度記号、ロードインデックス(LI)、製造年週など様々な情報が表示されています。
タイヤをご注文する前には、サイズを必ず確認しましょう。

サイドウォールのタイヤサイズの表示の見方を覚えておきましょう

タイヤ選びは専門店で

一般的に新車で購入した際に装着されているタイヤは、その車種に合っているので摩耗したりして交換が必要な場合は同じメーカー、同じ銘柄にするのが一番良いです。ですが他の車よりかっこよく見せたくて、インチアップしたりアルミホイールを履かせる為に交換、という事は良くある事です。

そうなると希望するサイズが同じ銘柄に無かったりするので、専門店などで相談してから履きかえる事が一番です。ガソリンスタンドでも出来ますが、大抵はどこかのメーカーのものだけを推してきます。それはガソリンスタンドに営業をかけているメーカーが、販促の為いろいろやっているからです。

なので値段が高めのものや性能が良過ぎるものを勧められる可能性があります。ですので専門店で予算を含め、相談してからの履き換えが無難なのです。車を中古車で購入した場合ですが、既に前のオーナーがタイヤを履き換えているケースがあります。溝が残っているようであれば、まずそれを履きつぶすのが良いです。新車と異なり中古車の場合はある程度走行しているので溝の減り具合でどういう乗り方をしてきたか、或いは車自体タイヤが減り易い車になっているのかなど分かります。

履きつぶしてある程度車の事が分かれば専門店での履き換えが一番良いです。 冬に活躍するスタッドレスタイヤの選び方は少し注意が必要です。スタッドレスは各メーカーが毎シーズン、シェア拡大を目論み次々と新製品を投入してきます。そうすると昨シーズンに装着したスタッドレスが急に古びた感じがしたりして、新しいものに履き換えた方が良いのでは、と考えがちになります。しかし宣伝されている程物凄く性能が上がった、という事は無いと思います。スタッドレスが登場してからそれなりに性能はアップしてきましたが、昔着用が許されていたスパイクタイヤに匹敵するくらいのものは出てきていません。ですのでこれを選ぶ際も専門店でいろいろ相談して、予算内でも良いものに巡り合えるはずです。

トピックス

  • 沖縄の人たちはタイヤをどこで買う
  • 沖縄県内は公共交通機関が発達しているとは言いがたく、移動手段は路線バス、那覇市内のゆいレール(モノレールです)、レンタカー、タクシーあるいは自家用車となります。 もちろん日本全国地方へ行けば自家用車が無ければ何も出来ないという地域は沢山あります。 自家用車が必要ないのは東京を中心とした極一部の大都市圏だけでしょう。

  • 維持費を抑える為に最適!激安タイヤが持つ特徴とは
  • 自動車を維持する為に必要になる費用としてタイヤ代がありますが、タイヤには夏用と冬用があり、そして定期的に交換をする必要がありますので、負担が気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。そこでチョイスしたいのが激安タイヤですが、どういった理由によって激安になっているのか気になるものです。

  • オートウェイの提供するNEXEN WINGUARDの155/65R13 73Tの利用に関して
  • 国内では冬期間に入ると地域によっては自動車のタイヤ交換を行う必要のある場所があります。北国などでは必須アイテムとして必ず必要になるものですが、北陸など複数の地域であっても、いわゆる冬タイヤを装着することが行われています。オートウェイでは数々の自動車タイヤを提供しているものですが、その中でもNEXEN WINGUARDの155/65R13 73Tというタイヤが用意されています。

  • 新品タイヤに交換の体験談
  • やっとツルツルのタイヤを新品に交換しました。 スリップマークもすっかり出て、いつバーストしても不思議はない状態だったのでこれで一安心です。 今回は手持ちの古いタイヤも総動員でタイヤローテーションを何度もして使い切りました。 でもふらつきが出て真っすぐに走らないような気がして、ブレーキを踏むのも少し不安でした。

  • 新品より中古タイヤがおすすめ
  • 新品のタイヤと中古タイヤ。どちらを選びますか? お金が十分ある、という方は迷わず新品タイヤを選ぶでしょう。 しかし、中古タイヤでも、しっかりとした選び方をすれば、安全に、快適に、車を走らせることができるのです。 しかも新品より割安ですので、中古タイヤを選んでみても良いのではないでしょうか? タイヤの役割を考えてみましょう。 走るために道路にしっかりと食いつきます。

ページ上部へ戻る