15インチタイヤ販売

【販売されている主な15インチタイヤサイズの一覧】

偏平率 サマータイヤ スタッドレス
45 165/45R15 185/45R15 195/45R15
50 165/50R15 175/50R15 195/50R15 205/50R15 225/50R15 295/50R15 30×9.50R15 31×10.50R15 32×11.50R15 33×12.50R15 35×12.50R15
55 165/55R15 175/55R15 185/55R15 195/55R15 205/55R15 225/55R15 165/55R15 175/55R15 185/55R15 195/55R15 165/50R15 195/50R15
60 155/60R15 175/60R15 185/60R15 195/60R15 205/60R15 215/60R15 225/60R15 235/60R15 245/60R15 255/60R15 275/60R15 155/60R15 175/60R15 185/60R15 195/60R15 205/60R15
65 145/65R15 165/65R15 175/65R15 185/65R15 195/65R15 205/65R15 215/65R15 145/65R15 175/65R15 185/65R15 195/65R15 205/65R15 215/65R15
70 195/70R15 205/70R15 215/70R15 225/70R15 235/70R15 255/70R15 265/70R15 195/70R15 205/70R15 215/70R15 225/70R15
75 205/75R15 215/75R15 225/75R15 235/75R15 205/75R15 235/75R15
80 175/80R15 195/80R15 215/80R15 175/80R15 195/80R15
その他 135R15 185R15 195R15 215R15 700R15 825-15

【15インチ 適合車種】
クラウンマジェスタ | MPV | アヴァンシア | アルティス | イプサム
エスティマ | カムリ | クラウンロイヤル | シャリオ | ステップワゴン
ストリーム | ディアマンテ | バサラ/プレサージュ
プロナード | ランサー エボリューション
アレックス | インプレッサ | インプレッサアネシス | ガイア
カローラ スパシオ | カローラ フィールダー | カローラランクス
シビック | シビックフェリオ | セリカ | ディオン | ナディア
プレマシー | ラフェスタ | レガシィ ツーリングワゴン | レガシィB4

知人の車の15インチタイヤについて

車は国産の排気量1500ccのコンパクトカーであります。この知人が乗っています車は新車購入時に標準で15インチのアルミホイールと175、65R15サイズのタイヤが装備されていました。

このコンパクトカーは排気量1300ccが標準モデルであり、標準モデル1300ccの場合は15インチのホイールカバー付きスチールホイールと、175、65R15サイズのタイヤが装備されています。

1500ccと1300ccの標準モデルの違いは、アルミホールかホイールカバー付きスチールホイールの違いであります。やはりホイールカバー付きスチールホイールよりはアルミホイールの方が、見た目が格好良くスポーティーな車に見えます。

知人は1300ccの標準モデルの車ではなくこの1500ccのコンパクトカーを購入しました理由の一つに、純正の15インチアルミホイールが付いていたことです。この純正のアルミホイールはスポークタイプのデザインであったため車とマッチし足回りが格好良くなり、標準モデルの1300ccのホイールカバー付きスチールホイールと比較しますと見た目が大きく違っていました。

知人は車に唯一こだわりがあるとしたら足回りでしたのでこの純正のアルミホイールが付いた1500ccの車を選びました。もし知人が仮に1300ccの標準モデルの車を購入ていたらオプションでアルミホイールを取り付けていたか、市販のアルミホイールを購入して取り付けていたと思います。それほどまでに車の足回りにはこだわりがありました。

車もそうですが、それ以前に乗っていました車もほとんどアルミホイール付きの車を購入して来たか、車購入後に市販のアルミホイールを購入し取り付けて来ました。やはりホイールカバー付きスチールホイールよりは、アルミホイールの方が数段恰好良く見えます。今乗っている車の15インチのアルミホイール付きコンパクトカーはとてもお気に入りになっています。

ページ上部へ戻る