バイク・スクーター用タイヤ

スクーター用タイヤについて

スクーター用タイヤは、第一にライフがどれだけ長いかが重要になってきます。大体のスクーターに乗っているライダーは通勤や通学などに使用しており、決まった距離を毎日のように往復します。距離がそこまで遠くなくてもやはり毎日乗っているとそこそこの走行距離となります。そうするとライフが短いものだと折角経済的なスクーターに乗っていても、タイヤ代で逆にお金が掛かってしまいます。

またスクーターはホイールは大体10インチから12インチぐらいで外周が小さいですから、普通の17インチのバイクよりも同じ面が路面に接している時間が長くなります。そうすると17インチの物よりも圧倒的に沢山熱が加わってしまいますし減りも早くなってしまいます。ですのでライフの長さは非常に重要な事だと言えます。

また大事なのはウェット性能に関してもすごく大事です。中には雨の日は乗らないというライダーの方も居られるかもしれませんが、やはり通勤や通学など毎日のように乗っていれば、当たり前ですが雨に降られる場合もあります。そうした時にウェット性能が高くないとグリップをすぐに失ってしまい転倒のリスクが生じてしまいます。もちろん極端な急制動や深いバンク角で走らなければある程度のリスクは減らす事は出来るものの、ウェット性能が高いに越したことは無いです。

そして最後にグリップ力です。やはりグリップが高いものの方が安心して乗る事が出来ますし、タイヤが滑って転倒してしまうという事も少なくなります。しかしながら、グリップが高くなると今度はライフが短くなってしまうという傾向があります。もちろんスクーターでレースでもしない限り、それほど高いグリップ力が有るものを選ぶ必要はありませんが、ある程度のグリップ力は必要です。もちろん現在市販されている物であれば十分なグリップ力が確保されているものがほとんどですのでこの点は問題ないと言えます。

スクーター用タイヤはそこまで高い値段のものでは無いので、減ってきたらちゃんと交換するようにするべきです。使用限度を越したタイヤを使用するのは非常に危険です。乗る前には必ず表面に異物が刺さっていないかや、定期的に空気圧をチェックする事が大事です。

ページ上部へ戻る