エコタイヤ

エコタイヤはとても経済的で地球温暖化も防止できます

最近はハイブリッドカーや電気自動車、第三のエコカーといった低燃費の自動車がとても流行っています。低燃費だという事は、ガソリンの使用量が減りますので二酸化炭素の排出を抑えて地球温暖化を防ぐことにもなりますしガソリン代を抑える事ができますのでお財布にも優しい自動車だという事が出来ます。

ですが自動車を低燃費にするの、はエンジンやモーターだけではなくこれら以外にも色々な要素があり、そのうちの一つにタイヤが有ります。タイヤはエンジンの駆動力を地面に伝えたり、ブレーキによって自動車を止めるために路面との間に摩擦が発生しています。通常この摩擦を大きくすればするほど、運転自体はしやすくなるのですが、転がり抵抗が大きくなってしまいますので燃費は悪くなってしまいます。

丁度レーシングカーに用いられるタイヤが、この摩擦が大きいタイヤで早く走ったり、曲がったり、急ブレーキなどが出来るようになっています。レーシングカーは速く走る事が目的とされていますので燃費の面は基本的にはあまり重視されていないません。ですが普段の運転ではここまでの摩擦力は必要ありませんので、できるだけ摩擦を減らした物がエコタイヤと呼ばれる物です。摩擦が低いので転がる際に路面から抵抗を受けないので、ストレスなく自動車を走らせる事が可能になります。

ストレスが少なければ少ない駆動力で走らせる事ができますので結果的に燃費は良くなります。また摩擦を少なくするということは固いゴムを使用出来ますので、削れて減るペースが遅くなることで交換するペースを減らすことも可能になります。摩擦を減らして燃費を良くするというとイメージ的に滑りやすくなるのではないかという疑問を持たれる場合もあるかもしれませんが現代の技術ではこの矛盾した問題を解決する色々な工夫がされていますので、レースなどに用いるような使い方をしない限りは、安全に使用する事が出来るようになっています。

ページ上部へ戻る