フォークリフト用タイヤのパンク修理と交換

フォークリフトは荷役作業に必要な作業用車両です。例えば、製品の工場取りを目指して朝早くから会社の始業時間まで待っていて会社が始まると同時に順番に製品を積んでから、届け先に走るというのが一般的な運送業者の仕事です。

フォークリフトは免許を取得していなければ乗ることができませんが、免許取得の際には一通りの知識を教えてもらい、それらをマスターしていることが前提となっています。免許を取得する時には学科もありますが、重要なことは荷役作業の技術であり、フォークの上げ下げをはじめ、細い通路を走らせる技術も問われます。この時にタイヤ交換の技術を行うことより、始業点検の必要性を指導され、とにかくフォークリフトの運転をする前には、一度車両を一回りして安全確認をすることを教えられます。

多くの場合には普通自動車免許をもっている人がその技術をもとにして資格を取得するわけですから、運転技術は当初から問題ないのです。毎朝朝礼が終わってから始業点検をすることが原則ですが、どうしても待っているトラックを見ると疎かになることがあります。仕事の性質上朝一番の作業が多くなり、このときにパンクしているのが判明すると一仕事となります。まず最初にフォークリフトを作業の邪魔にならないところに移動してタイヤ交換をしなければなりません。

交換をする際には、テコの応用によりパンクしているものを持ち上げ、ボルトを緩めてから外してから正常なタイヤと交換しますので、この辺は普通の乗用車と変わりはありません。ただ少し大きいので、その分力が必要となります。フォークリフト用タイヤはパンクしたら修理できる場合と修理不能の場合があります。

単純に釘など亀裂が入っているような場合には修理できますが、チューブにまで傷が及んでいるときには交換しなければなりません。この辺の判断は、タイヤ交換をしたら修理会社に連絡して引き取って修理をしてもらいますが、直ぐに連絡が入る交換か修理かが決まります。

主に取り扱っているフォークリフト用タイヤのサイズです。
8インチ
500-8 18×7-8
9インチ
600-9 21×8-9
10インチ
650-10 23×9-10
12インチ
700-12
15インチ
250-15 600-15 815-15 825-15

ページ上部へ戻る