CONTINENTAL(コンチネンタル)タイヤについて

コンチネンタルタイヤは、日本では欧州車に、かなり幅広くの車種を対象として多く装着されていることからその商品の知名度も高く、装着率も欧州車ではナンバーワンのメーカーとなっています。

このコンチネンタルは、今や足回り関連ではシャシーや安全関連部品に係る多くのパーツを総合的に供給する世界第五位の自動車部品サプライヤーとして成長を遂げてきている会社なのです。

近年ではCONTINENTALは大手の自動車メーカーとシャーシー全般について共同開発を行っており、ABSやESCといったブレーキ関連とのシステムとのマッチングをの高いタイヤの開発にも大きな力を発揮しています。

したがって新型車の性能を存分に引き出す商品が多く開発されるようになっており、そのパフォーマンスの高さが注目されるようになっているのです。

たとえば、CONTINENTALスポーツコンタクトに採用されているキャッツ・ポーやスパイダー・ウェブという技術はこうした開発により実現した最新のシステムということができます。

キャッツ・ポーはバイオニックプロファイルとも呼ばれ、制動時にタイヤに大きな荷重がかかったときに、タイヤの設置面が広がるような構造となっています。

これはネコがジャンプして着地するときに足の接地面が広がることをヒントにして作られたものだと言われています。

またスパイダー・ウェブは、クモの巣のことをいいますが、ゴムのコンパウンドの柔軟性と剛性をバランスさせた技術として注目されているものです。

タイヤに荷重がかかったときに、剛性を保ちながらも広くトレッドゴムを接地させる技術で制動時やコーナリング時に大きな荷重がかかったときに、いずれも電子制御で対応して剛性を保っていくという最新のテクノロジーとなっています。

このような技術の提供からアフターマーケットでも各メーカーからコンチネンタルの商品を強く推奨されている理由が、非常によくわかります。

ページ上部へ戻る