ホワイトリボンのタイヤならDELTA(デルタ)を選択すべきです

少し古めの車や他の車と違った個性を出すのに、タイヤにホワイトリボンが入ったものを選ぶケースがあります。

このホワイトリボンはそのタイヤのイメージ戦略のために、使われ始めたのが、その期限になっております。

ホワイトレターと言う形でメーカーのブランド名を記載しているのと同じ理由です。

ところが最近では中々このホワイトリボンが入っている製品を製造しているメーカーが大分少なくなってきていますが、その中でもアメリカのデルタ社は現在でも豊富なラインナップを用意しているメーカーなのです。

デルタ社は大きなシェアを獲得しているメーカーではないのですが、どうしてもホワイトリボンのものが欲しい場合には、ほぼDELTA社のものを選択することになります。

さてそのDELTA社の現在のラインナップですが、ホワイトリボンタイプで4種類、ホワイトレタータイプで1種類になっています。

取り付ける車とのマッチングによりますが、基本的に60から80の扁平となっており、すこし厚みがあるのがその特徴になります。

さて実際に取り付ける際には、この厚みがあるということを考慮して実際に取り付け例があるのかどうかを、インターネット上の口コミサイトなどで確認する必要があります。

また取り扱い販売店も少ない傾向にありますので実質的には通販で購入すことが多くなります。

最近では持ち込みタイヤの取り付けも行ってくれる自動車用品店や整備工場も増えてきていますので安心して購入することができるはずです。

なおアメリカの企業ということもあるのでこのデルタのタイヤの製造国はアメリカになるのですが、最近ではメキシコや中国でも生産されています。

よって気になる方は、その製造国がどこであるかを、販売店に確認する必要があるのです。

この様に数少ないホワイトリボンの製造メーカーであるデルタは、このタイプのタイヤが欲しい方にとっては、唯一の選択肢と言っても過言ではないのです。

ページ上部へ戻る