タイヤブランドFALKEN(ファルケン)の良さについて

私がこれまでに乗って来ました車のタイヤ交換の際には、必ずといっていい程FALKEN(ファルケン)のものを購入して来ました。

例えば以前、新車購入から約11年間乗っていました車の時も3回ほどタイヤ交換しましたが、その時も全てFALKEN(ファルケン)のもの購入し取り付けていました。

このFALKEN(ファルケン)の一番の魅力は、国内で作られたタイヤの中で価格が一番安いからです。

国内生産で有名なものと言えば、ブリジストン、ダンロップ、ヨコハマ、トーヨーなどがありますが、その中でもこのファルケンは一番価格安く、それでいて国内生産であるため品質も良いので安心して購入し取り付けることが出来ます。

最近よく格安で販売されているものが出まわっていますが、そのほとんどが中国などで生産されたものばかりであります。

確かに国内で生産されたものよりも約四分の一近い破格の値段で売られていますが、品質面などを考えますと少し不安になってしまいます。

やはり車は直接命に係わりますし、特にタイヤは車を安定走行させるうえで一番大切であります。

私の知り合いでこの中国で生産された格安なものを購入し車に取り付けたところ、普通に運転しているにはほとんど問題はありませんが、雨が降ったりして路面が滑りやすくなった時の運転は、やはり少し滑りやすく多少の怖さを感じることがあるとのことでした。

そしてこの中国で生産された格安なものの一番のデメッリトは、タイヤの摩耗と劣化の早さであると言っていました。

普通国内生産されたものは走行距離にもよりますが、最低でも約三年間は使用出来、長ければ約五年近く使用出来るものもあります。

その点この中国で生産されたものは私の知り合いの場合ですが、新品で購入してから約二年で摩耗や劣化が起き始めたと言っていました。

以上のことから考えますと、国内生産された品質が良いものでそして価格が安いものではファルケンが一番おすすめ出来ます。

ページ上部へ戻る