FINALIST(ファイナリスト)ロゴのファイナリストタイヤがもつ姿勢とは

FINALISTというブランドをもつアメリカ製のファイナリストタイヤは、ウェットおよびドライ性能に優れていてしかもコストパフォーマンスが非常に高いことで知られています。

何でもタイヤというのは国際規格製品ですから規格に沿って製造されているものは安全性能的には大きく差がつくことはないです。

それでも静粛性や耐久性などはメーカーごとの開発結果が違うために差異が生じてきてそれは個性の差として捉えられるのです。

廉価でしかも性能的に安定しているFINALISTロゴのついたファイナリストタイヤは、世界中で販売されているアメリカブランド製品として信頼性も高く、しかもサイド部分のデザインがかなりかっこよくまとまっているので装着していて誇りを感じることができます。

ファイナリストタイヤは日本において廉価な部類に属するわけですが、廉価というのは性能が心もとないという意味では全くないことをFINALIST関連情報が掲載されているサイトでは知ることができます。

日本で購入する場合はアジアで製造されている関係から輸送費などがそれほどかからずに大量に輸入されている場合が多く、それゆえ安さが際立っているというわけです。

 人間の命を乗せて走行する自動車において地面に直接くっついているパーツがタイヤであり、だからこそ品質面において妥協できないパーツではあるけれどもできるだけ安価にそろえたいと考えるパーツでもあります。

だからこそ高額なものを装着して長年使い続けるというよりは、機能性に優れたファイナリストブランドの製品を短いスパンで交換していくという使い方のほうが、結果的に良い状態のドライビングフィールを常に感じながら運転できて楽しいし、安全面でも優れているのです。

この点はメーカー側も認識していて販売姿勢として廉価であることを押し出すだけではなく短い期間においてはしっかりと機能が持続する性能があることを知らしめる姿勢を貫いていて信頼がおけるメーカーだといえます。

ページ上部へ戻る