MICHELIN(ミシュラン)のタイヤの基本的な内容について

自動車やバイク向けのタイヤは多くの会社から提供されていますが、フランスのメーカーであるミシュランは、その中でも古い歴史といろんな活動で広く知られているメーカーになります。

まずMICHELINとタイヤに多く印刷されているのと、そのマスコットで有名になっていますが、このマスコットは世界でもっとも古いトレードマークとして知られています。

登場当初は今よりも体を構成しているタイヤの部分が狭く、またモンスターみたいにちょっと怖そうな感じで記載されていましたが、時代が進んだことでタイヤの幅が広くなり、また愛嬌がある姿で書かれているようになってきています。

さてミシュランの歴史ですが世界で始めてラジアルタイプを制作して提供してことでも有名です。

それ以来多くの市場を開拓したおかげで現在ではこの分野で世界最大級のメーカーになっております。

それに伴いラインナップも高性能自動車向けからエコの性能を追求したもの、そして商用向けや自転車向けなど多彩になっています。

もちろんその歴史の中でF1への提供も行っていましたし、さらにそのほかのモータースポーツにも参加しています。

これはレース場などでよくMICHELINの広告を見かけることからわかる事実になります。

そしてミシュランのもう一つの活動として有名なのは、ホテルやレストランのガイドを作っていることです。

ミシュランガイドとして提供されているこの冊子は、自動車で旅行する方が、その旅先でレストランやホテルに困らないように、こういった情報を掲載して無料にて配布したことがその始まりとされています。

今ではレストランを独自の調査によって評価を星で表すという方法でガイドブックを作成しています。

元々ヨーロッパだけでしたが、2005年にニューヨーク版を提供し始めて以来、現在では22カ国をその対象としてこのガイドを提供しているのです。

この様に古い歴史がありながら文化的な活動も行っているのが、ミシュランなのです。

ページ上部へ戻る