モータースポーツのイメージが強いPIRELLI(ピレリ)のタイヤ

イタリアがその本拠であるピレリは、タイヤメーカーとして特にモータースポーツの印象が強く、自動車レースの最候補であるF1などの活動を通じでとても有名な企業です。

そのイメージらしく、現在のPIRELLIのラインナップもスポーツモデルが多く存在しています。

もちろん最近の状況を踏まえてエコ性能が高いモデルも存在したり、新興国向けの製品もありますが、ほとんどスポーツモデルの購入が多いのも特徴です。

またスポーツモデルに関しては、スポーツカーに採用されるケースもとても多くあり、さらにそのスポーツカーの特性などに応じて専用タイヤと言う形でピレリの製品が新車時から装備されているケースも多くあるのです。

さてそのピレリの歴史にはモータースポーツとの関連は欠かせないのですが、特にF1については1950年から活動休止期間をいくつかありましたが、現在唯一のタイヤ供給メーカーとして参戦しています。

現在の供給は、2011年からの3年契約として20年ぶりに供給を開始しています。

またいろんなタイヤの情報をフィードバックしやすいように、同時にGP2クラスにも供給することにより、両方からの情報を得ながら開発と提供を行う形になっています。

また今回の参戦の特徴として視聴者が現在どのタイプのタイヤを装着しているかがわかるように、色分けされた帯をつけているということが挙げられます。

さらに今回はあえて摩擦による消耗が激しいものを提供することにより、コース上での追い抜きが容易になったり、作戦の幅が広くなったりしています。

これはF1の活動を通じで自社製品の性能を高めて企業イメージを上げていくということには反する行為なのですが、レース自体の楽しさを高めるためには必要なことだったこともあり、現在では高い評価を得ているのです。

この様にPIRELLIはモータースポーツへの参戦を通じて自社の価値を高めているメーカーなのです。

ページ上部へ戻る