TOYO(トーヨー)タイヤについて

TOYO(トーヨー)タイヤは、東洋ゴム工業のブランド名で「専用タイヤ発想」をコンセプトに、それぞれの車種に合う自動車タイヤを製造しており、特に海外での評判は高い。

また対米向けににNITTO(ニットー)ブランドもあり、これまでは日本では逆輸入でしか入手できなかったが、2006年以降は、NITTOブランドのタイヤも日本で販売。

シェアは、国内第4位に位置する。

また、前に述べたように海外での評価は高く、自動車保有台数世界一のアメリカでは、世界のメーカーが集まる巨大マーケットである。

その全米のディーラーに毎年「タイヤブランド評価」の聞き取り調査を行なっているのが、「TIRE REVIEW」という業界紙である。

その中で「TOYO TIRE」は「製品の新しさと開発力」で三年連続、「品質」では四年連続一位を維持しています。

2001年の調査では総合評価においても一位でした。

この調査は、「製品の新しさと開発力」や「販売サポート体制」、「配送」などの8項目からなる評価と、その平均から割り出す総合評価で構成され、製品に対する具体的で実際的な評価となっています。

他社に先駆けた新しいサイズ・デザインの開発を可能にするのは地道なマーケティング調査と、日本メーカーならではの技術力である。

レースやイベント会場では、停めてある一台一台の車種と足元を調査しトレンドを把握。

高精度なコンピューターシミュレーションで実写テストの回数を減らし開発の短期化を図っている。

近年、新興国市場の成長、新興国メーカーの台頭により、各社はブランド戦略を再構築している。

廉価なエントリーブランドを配すなど価格帯に合わせてブランド・ポートフェリオを描くのが一般だが東洋ゴムでは、TOYOとNITTOの「2トップブランド」を掲げる。

「価格ではなく、商品性の違いで幅広い顧客を掴む」とは中倉社長の弁だ。

世界的に小型車が増加するに伴い少口径化しているので利益は、縮小傾向にある。

どんななかTOYOは、「専用発想」を元にその車種にあった物を製造し、この先もシェアを確保していくであろう。

日本での評価は海外より低いが、最近は見直されてきており、安価な製造メーカーから安価で品質もあるメーカーとなってきている。

これからのトーヨーに期待していものである。

ページ上部へ戻る