XT(エックスティ)タイヤの機能について

XTタイヤとはREGNOという会社の開発した自動車などに使われるタイヤのことです。

3Dヘルムホルツ型消音器というものが採用されていて静かに走るのが特徴のようです。

 市販用にタイヤにはどうしても溝が必要になるのですが、エックスティではこの縦の溝の中に消音できるようなノイズ抑制グループというようなものを含ませているようです。

走行中の気になる音はタイヤの溝を音が反射することで増幅されてしまうのでできるようです。

それを抑えるには、音波自体を弱くするか、音の反射をなくして増幅しないようにしておく必要があります。

 このエックスティは、溝にノイズ抑制グループというものを含ませることで逆にその音の反射を使って相殺させることで音を減衰させ、走行中の気になる音が減っているというすごいものです。

工夫に工夫が重ねられ、それぞれのノイズ抑制グループはそれぞれにサイズが違うように作られていてそれぞれが働きあうことでXTの真価を発揮しているようです。

騒音の発生を抑える技術と、騒音を遮断する技術の相乗効果はしっかりと働いてくれます。

それにXTはそれだけでなないのです。

騒音を減らしているだけではなく、低燃費にも貢献。

最近関心の高まっている環境問題にも貢献しているので低燃費タイヤとしても立派な性能を持っているようです。

また、乗り心地にも意識をしているらしく、どうすれば車に乗る人が快適に運転できるのかも考えているようです。

 話を戻しますが、標準のものとエックスティとを比較してみるとその静かさは聞いてみればその差は歴然。

運転中の騒音の違いにびっくりするはずです。

また、乗り心地もハンドリングも抜群。

さらに低燃費で環境にも貢献している素晴らしいものです。

今使っていて不満なら次に変える時にはははぜひXTにしてみるといいのではないでしょうか。

その性能の良さにびっくりするのではないかと思います。

使ってみないとものの良さは分かりませんよ。

ページ上部へ戻る