YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤとは

ヨコハマYOKOHAMAは非常に歴史がある会社です。

現在は海外展開も盛んに行っており、日本国内だけでなく世界的企業となっています。

企業スローガンは「すごいをさりげなく」でまさにこのスローガンにぴったりのような商品を提供しています。

特にヨコハマタイヤの歴史を見ると、わが国初との文字がネット上を飛び交っています。

つまり国内初の商品を多数提供している技術力のある会社だと言えます。

例えば優れた省燃費性能を獲得したDNAECOSは、2001年の発売以来国内累計3000万本を出荷しているほどロングセラーとなっています。

初の合成ゴムを採用したタイヤであり、ころがり抵抗を抑えるなどの開発がされています。

このような製品開発から私自身もタイヤと言えばヨコハマYOKOHAMAのイメージが強く、私自身の車もヨコハマにしています。

3000万本の累計販売数字を見ればわかるように、信頼と安全性が確保されている確かな技術力を持っているからこそ、皆に選ばれています。

またヨコハマYOKOHAMAのブランドで展開している横浜ゴムは、アメリカで行われる世界で最も過酷なヒルクライムレースに5年連続で参戦しています。

これには優れた低燃費性能と運動性能を両立したブルーアース・エースというタイヤを装着した電気自動車で競うレースですが、2年連続で電気自動車の歴代記録を更新しています。

この成果を出すにはやはりブルーアース・エースという商品が大きな効果を果たしていると言えます。

このブルーアース・エースは今年の7月にさらにグレードアップし、国内タイヤラべリング制度で転がり抵抗性能「AAA」、ウェットグリップ性能で「a」の最高グレードを獲得しています。

YOKOHAMAは環境性能のさらなる向上と人にやさしいをテーマにこの商品を開発していますが、単に性能アップだけでなく、社会的な環境等を意識している点において時代を反映していると言えます。

ページ上部へ戻る