ピンクリボンタイヤでわかる足回りデザインの重要性というと

自動車を毎日のように通勤に使ったり、ときどきレジャーで遠出するために使うというように自動車は人間の生活にとって切り離せないパートナーになっています。

ですからデザインというのはかなり重要視されるわけですが、どういうわけか足回りデザインには無頓着な運転者が日本では多く見受けられます。

もちろん足回りデザインで自動車の本質的な機能性アップが見込まれるというわけではないからかもしれませんが、外観はスタイリッシュさを演出するために重要な要素と言われているわけですから、デザイン面でも無視できないほど注目されやすいタイヤ部分には気を使うことが求められるのです。足回りデザインをインパクトあるものにして活力感を与えてくれると細菌人気急上昇中なのがピンクリボンタイヤであり、シンガポール製の輸入品として取扱われています。

デザイン面だけでなく機能面でも妥協のない製造方法であり、しかも乳がん検診財団とのタイアップでこのタイヤを四本購入するごとに1ドル寄付されるという慈善事業の側面も見せているため、装着して走行することでよいイメージを周囲に与えることができるのです。

ピンクリボンタイヤのように派手目な色のラインが入っているとデザイン面において目立つことを狙っているかのように思われがちなのですが、メーカー側が先んじて慈善事業とのタイアップを行なっていると自動車業界関係者に広報していることで一般的にも寄付につながっていることを認識させることができています。街中でピンクリボンタイヤを装着している自動車をみるたび、足回りデザインのユニークさが素晴らしいことで目立てるという重要性と、慈善事業とのタイアップが知られていることによるステータス感の高さに関わる重要性を思い知らされる気分です。

デザインが目立つものであればあるほど、そのアピール効果を利用して継続的に販売が可能になり社会貢献も継続しながら事業を継続できるという一挙両得の事業戦略が根底にあるとあらためて知りました。

主に取り扱っているピンクリボンタイヤのサイズです。
15インチ
195/60R15
16インチ
205/55R16

ページ上部へ戻る