商用車用タイヤ

最近の商用車用タイヤに求められること

商用車用タイヤと言うものが販売されていますが、特に貨物車と呼ばれるものに関しては、乗用車用とは違う構造になっています。基本的には荷物を運んだり、長い距離を走ることもあって、乗用車用よりも強度が高くなっているものになります。商用車用タイヤは、大型トラック、ライトトラック、ダンプ、バス、バン、軽トラック等の商用車用・貨物車用とメインとなっております。

よってこういった商用車用タイヤを乗用車に取り付けることは、安全上問題はありませんが、その逆については、危険なことになりますのでやめておいたほうがよいのです。さてこの商用車用タイヤについても最近ではいろんな状況を踏まえて求められている性能が変わってきています。それは今までの性能どおり、強度を保ちつつ使用できる期間を長くする性能を維持しつつ、エコに配慮している点になります。

まず使用できる期間を延ばすことについては、使用する側のコスト意識の高まりはもちろんのこと、使用する資源の削減や、廃棄するときの問題を考えると、とても重要なことになるのです。よって最近の製品はどれもこのロングライフ性能という形で、従来型との比較を出しているのです。そしてもう一つは、エコに配慮している点になります。上記のロングライフ化もその一端になるのですが一番性能として表示できる点として、燃費の向上が上げられるのです。これは乗用車用の製品と同じように転がり抵抗を低減させることにより、車を動かすときに使うエンジンパワーを押させることができることになり、結果的に燃費の向上につながると言うことになります。

さらに最近では更生タイヤという、使用済みのタイヤをリサイクルして使うことができるものも出てきています。これらの製品も、省資源化や地球環境に配慮した製品として、注目をされてきているのです。このように使用頻度が高く、乗用車用とは違う構造体を求められる商用車用の世界でもエコ性能を追求することが求められていますし、さらに長寿命化も求められていますので、購入する際にはこれらの性能について十分に考慮すべき点になってきているのです。

ページ上部へ戻る