これからのタイヤは低燃費を重要視

07.08

コメントは受け付けていません。

これからのタイヤは低燃費を重要視タイヤメーカー各社が取り組んでいるものが環境性能と経済性、転がり抵抗を極限に抑えりこよによって燃費をよくすることです。ですがタイヤの役割はそんな単純なものではありません。転がり抵抗を抑えること。タイヤが路面と設する面背を少なくすることによって簡単に解決できる問題です。

しかしながら路面と接する面積を少なくすると言うことは、性能の面から考えてみるとエンジンが発生させる回転運動をしっかりと路面を捉えることによってロス無く性動力にかえることで燃費をよくすることができます。更に安全性では急ブレーキを踏んだときや遠心力が掛かるコナーでは路面との設置面積を十分に確保し、しっかりと路面を捉える働きが要求されます。また雨天時の走行や夏の厚い路面との消耗を抑えていかなければならない重要な役割も要求されます。

従って構造も、より複雑で高品位な材料が必要で高額な商品になることもしかたのないことです。定期交換の必要な消耗品といえば一番に思い浮かぶ商品。磨耗が激しく耐久性がなければユーザーに受け入れられることはありません。自動車用品店でも一般商品と比べてもエコと名の付く商品は割高な商品です。販売店では同じ商品を売っても付加価値のある商品のほうが商品価値がありますし、いかに「低燃費タイヤ」としてユーザーにメリットを伝えていくかとうことで販売に結び付けていきます。

ユーザーがタイヤに対してどれだけの価値を対価として支払うかということになります。新車で購入した辞典で標準使用とされるものも高級なものが一般的となってきています。車検時や磨耗による定期交換のタイミングで、同じ商品を薦められることが一般的ですが、より良い経済性や安全性を求める為には、新しい技術と、それに見合う低価格化も年々進んでいます。

同じ価格帯の商品でも優れた性能の商品を購入できるチャンスは広がっています。交換が必要になった時点でいろいろな商品を比較検討してニーズにあった商品を選びたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る