タイヤの役割について

10.11

コメントは受け付けていません。

自動車の重要な部品のひとつにタイヤがありますが、その役割については意外と一般の人達には知られていないのが現状です。
自動車が道路を走行するために重要なパーツだと言うことは誰でも知っている事実ですが、タイヤの役割には地面を走行する以外の大切な役割がいくつかあります。

基本的にタイヤは左右対称に合計4つあり、自動車の中で唯一地面に接触する部分なのは誰でも知っている事ですが、これは走行時の衝撃を四方に分散吸収する役割を果たします。

自動車に人が乗ったり荷物を積んだりすると、積載量が多くなればなるほど当然車体に相当な負荷がかかりますが、その自動車に対する負荷を地面に効率よく逃す役割もこのパーツは持っています。車の底部には自動車の大切なパーツがいくつか存在し、それらのパーツを地面の摩擦から守る役割もあります。

自動車を四箇所の支点で支えるため、自動車の走行時の安定性も確保することができます。
そして一番重要な役割のひとつに、地面と密着してスリップ事故を防ぐと言う役目があります。表面に溝があるのは、地面との摩擦を考慮してより安定した運転性能を実現するためなのです。道路と言う物は一見平らに見えるものですが、実はデコボコしていて時には砂利などの小さなゴミが散らばっている場合がほとんどです。

そのような不安定な地面を走行するために、タイヤというパーツはとても重要な役割を持っているのです。また、走行時の役割ばかりに注目されがちですが、ブレーキをかけた時の自動車の挙動にも密接に関係しています。

ブレーキをかけて車が停止できるのも、この自動車を支えるパーツが存在するからです。走行時の駆動力やブレーキ時の停止力を地面に伝える意味で、自動車の挙動を地面にダイレクトに伝えるパーツだと言えます。このようにタイヤは地面と自動車の負荷を吸収して安定した走りを実現し、搭乗者と荷物を守るという大切な役割を持ったパーツなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る